オキクルミと悪魔3

  • 2015.02.22 Sunday
  • 10:40
連日連投失礼しますよっと〜☆

引き続き、オキクルミと悪魔。

【アメマスのうた】


アメマス昼寝そのヒマに
里人たちは漁をする

川船漕ぎ出し 魚を追い詰め
魚を追い詰め モリを打つ

声をたてるな おしゃべりするな
声をたてれば魚が逃げる
静かにそっと 追い詰めろ
追い詰め追い詰め モリを打て

ホ、ホ、ホホッホ×4

アメマス昼寝を邪魔されて
尾ビレを一振り 大波ひとなみ
川船揺れ揺れ 里人叫び
胸ビレ一振り大波ざわめき
川船のまれて 里人のまれて

アメマスぐっすり眠りこむ


【オキクルミのうた】

風を巻いて オキクルミ
岸辺に立ち 足を踏む
足音の大きさに
アメマスむくりと起き上がる
波は津波に盛り上がり
大きな体が浮き上がる
開いた眼(まなこ)に映ったものは
きらめくモリとオキクルミ
アメマスいかって 目は爛々
胸ビレ尾ビレで大波たてる
力の限り 根限り
引き寄せ引き寄せ戦えば
アメマス暴れて荒れ狂い
オキクルミを(?????)←わかりません
むたびの激しい戦いに
アメマスついに 息絶えた

オキクルミはアメマスの肉を切り
岸辺に巻けば
波にのまれた里人たち、
里人たちは よみがえる


【?】←題名わかりません

ホホホホ ホッホッホ ホホッ×2
陽に輝くオキクルミよ
力溢れるオキクルミよ
悪魔の手下アメマスはいない

魚(ウオ)群れて水光る
我が沼よ



やはりところどころ虫食いのように記憶が抜け落ちていたり、たぶん間違えて記憶してるところもあると思われますです。

オキクルミと悪魔2

  • 2015.02.20 Friday
  • 22:34
【荒熊親分の歌】←そもそも題名が合ってるのか?


荒熊山をおりてきた
ヘイ、ヘイ
足跡もない
黒熊山を降りてきた
ヘイヘイ
古い人のあしあと見つけた
土ごとつかんで あしあと食べた
あしあと食い食い山をくだる

ヘイ ヘイ ヘイ ヘイ ヘーイ

下り下って 新しい人のあしあと
見つけた

土ごとつかんで あしあと食べた
あしあと食い食い山をくだる

ヘイヘイヘイヘーイ×3


掛け声が、「ヘイ」か「エイ」かも、ちょっと曖昧です。

【ゆうべ見た夢】

夕べ見た夢忘れていた
東の窓のそのはずれ
人も食う荒熊が
とんまでバカな荒熊が
土を掘って 鼻だけ出して

夕べ見た夢忘れていた


【?】←題名わかりません。

荒熊山の黒熊山の 熊の頭の荒熊様を
トンマでバカだとののしる奴はどこのどいつだ、えーいえーい 打ちのめさん


【家の右座の】←これは記憶がかなり薄いです

家の右座の年若に
まっしぐらにうちかかり
一掴みと思ったら
たちまち窓際笑う声
どっと響く
見ればおのこが座っておった。
(???をば)荒熊様のこの(?)がひっつかんでおったのさ。

もう一人いる年上に
まっしぐらにうちかかり
↓(ここから先はまったく思いだせません。。。)




PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM